横浜水信

会社案内100周年

横浜水信について

大正4年創業以来、野菜と果物の美味しさにこだわり続けています。

横浜水信についてフレッシュな野菜フルーツイメージ01

横浜水信は、大正4年にバナナの加工業を振り出しに食のネットワークを展開する「水信(みずのぶ)」グループの一員です。

仕入~仲卸~飲食まで、多用途に渉り新鮮な商品をお届けする「水信」グループにおいて、当社は果実・青果の小売部門業を担ってまいりました。仲卸問屋直結の強みを活かした新鮮さと品質の良さ、他店にない品揃えとサービスが横浜水信の特長です。

現在、横浜を中心に5店舗を営業中。それぞれの街、住む方のニーズに合わせた野菜や果物ギフト・デザートの販売をしております。

豊富な品揃えと便利で親しみやすい店作り、老舗ならではの行き届いたサービスで、地域の皆様の日々の暮らしの豊かさに貢献していくことを目指しております。

横浜水信イメージ01
横浜水信イメージ02
横浜水信イメージ03

会社概要

会社名 株式会社横浜水信(ヨコハマミズノブ)
創業 1915年(大正4年4月)
設立 1963年(昭和38年9月)
住所 横浜市西区北幸1-11-1 水信ビル9F
資本金 1,000万円
年商 14億円
TEL 045-311-2235
代表者名 代表取締役社長 加藤信明
事業内容 神奈川県内のJRステーションビルを中心に青果物を販売する専門店
店舗数 5店舗(2015年5月時点)
従業員数 100名(パート・アルバイト含む)
親会社 株式会社水信(公式HP http://www.mizunobu.co.jp/
関連会社 水信商店株式会社、株式会社水信ブルックス、株式会社水信ビル 株式会社新横水信ビル

アクセスマップ